ハリの出る化粧水はコレ|30代後半に合う化粧水

■お肌にハリを出すカギとなる成分とは?

 

お肌のハリがなくなると、小じわ、ほうれい線が出るようになります。

 

このハリのカギとなるのが、真皮にある「コラーゲン」です。

 

良く、耳にするワードですよね。このコラーゲンと言うのは、お肌の中で自力で生成されるものではあるのですが、その生産力は、30代後半にもなると、衰えてしまうため、新しいコラーゲンが出来にくくなります。

 

また、新しいコラーゲンが出来にくくなると言うことは、古いコラーゲンが長く使われることと、イコールになります。そうすれば、その古いコラーゲンは劣化・変性してしまうため、充分なお肌のハリを維持することができなくなってしまうんです。

 

つまり、お肌のハリを復活させるには、「コラーゲン」を肌内に増やすことが必要になってくるわけです。

 

ハリを与える30代後半向け基礎化粧品はコチラ

 

■コラーゲンを増やすには?

 

コラーゲン配合の基礎化粧品はたくさんあると思いますが、コラーゲンのある真皮まで、きちんと届けられる化粧品と言うのは、非常に少ないです。低分子のもの、浸透力の高いものを使ったとしても実際には、やはりお肌の奥まで浸透しない事が多いです。。

 

実際、一般的にコラーゲン配合と書かれている化粧水の粒子の大きさは、浸透できる大きさの600倍の大きさがあります。低分子のものでもなかなか浸透しないのが現状なのです。

 

ドリンクやサプリメントの方法もあるのですが、皮膚と言うのは、顔だけではありませんし、コラーゲンを必要とする場所が多いため、飲むタイプのものは、的確に顔のお肌に届けにくいと言われています。

 

■ではどうしたらいいの?

 

そういうことも踏まえると、やっぱり、化粧水など、顔のお肌に直接とるものとして、与えてあげるのが理想です。

 

ですが、コラーゲンを直接与えるのではなく、「浸透力が高く、コラーゲンを生成する能力を持つ成分が配合されたもの」が理想的です。

 

コラーゲンの持つ力は、美肌には大きく関わってくるものですから、充分に与えて、お肌にハリをもたらしましょう。

 

30代後半の肌に合う基礎化粧品ランキング

※ランキング2位の商品は、コラーゲンの生成をサポートする成分が配合されています。よければ検討してみてください。