陶器肌を目指したい方へ

■30代後半に多い肌くすみの原因

 

陶器肌になりたい!と願う女性は少なくありません。

 

若い時の肌は陶器のような透明感が自慢だったのに、30代後半になったらくすみが目立つばかり、なんて嘆いている方も多いのではないでしょうか?

 

私たちの肌は年齢ととともにさまざまな代謝機能が低下をします。

 

たとえば、ターンオーバーやメラニン代謝など、これらはすべて肌のくすみに関係することで、こういった代謝の低下が肌のくすみを招いているのです。

 

■くすみとターンオーバーの関係

 

肌の透明感を取り戻すためには、肌の代謝サイクルを正常にする必要があります。

 

肌の生まれ変わりは通常28日ペースですが、このペースが年齢とともにどんどん遅くなっていきます。

 

そうなると、本来であれば剥がれ落ちるはずの古い角質が残ってしまい、これがくすみになってしまいます。

 

また、ターンオーバーとメラニン代謝も深く関係をしていて、作られたメラニン色素はいつまでも角質にとどまり、やがてくすみとなってしまうのです。

 

こうなってしまうと、陶器肌どころではありません。

 

肌のターンーオーバーサイクルを正常にするスキンケアが必要になります。

 

■くすまないためのスキンケアポイント

 

透明感のある肌に導くお手入れは、ターンオーバーを正常に戻すことと、古い角質を取り除くことがポイントになります。

 

ターンオーバーなどの代謝機能を正常にするためには、肌内部の保湿・脂質バランスを良くすることが必要です。このため保湿効果にすぐれているセラミドなどの成分を肌に与えると良いでしょう。

 

合わせて古い角質をしっかりと取り除くために、毎日のクレンジングと洗顔を丁寧におこなうほか、角質柔軟化粧品などで古い角質を剥がれやすくしておくことも大切です。

 

陶器肌は一朝一夕でかなうものではありませんが、根気よく正しいケアをしていくことで必ず透明肌を手に入れることができますので、あきらめずに頑張りましょう。

 

【関連記事】

 

30代後半向け基礎化粧品|陶器肌を目指すならコレ