目元のたるみをどうにかしたい30代後半の方へ

■目元のたるみの原因

 

目元の皮膚は顔の中で最も薄い部位になります。

 

皮膚が薄いことで角質層自体のバリア機能も低下をするため、肌内部の水分も蒸発しやすく、刺激も受けやすくなります。

 

このため細胞は常に水分不足となり、コラーゲンやヒアルロン酸なども作られにくくなり、たるみを生じてしまうのです。

 

このように目元は特にたるみが発生しやすい場所で、年齢肌が最初に出てきてしまいますが、正しいケアをすることで改善することができますので、あきらめずに気が付いたときにケアを始めてください。

 

■たるみに有効な成分とは

 

目元のたるみを改善するには、肌のバリア機能を高める保湿成分がおすすめです。

 

私たちの肌には、もともとセラミドという天然の保湿成分が備わっています。

 

セラミドが十分にある肌は、細胞自体もふっくらとしていて、バリア機能がしっかりしています。ところが30代後半になると、セラミドは作られにくくなってしまうため、意図的に与える必要があるのです。

 

特に目元の薄い皮膚部分はセラミドが極端に足りないため、さまざまなトラブルが生じてしまうので、セラミドを皮膚に与えることは目元のたるみを改善するためにとても有益です。

 

■同じ成分でも効果が違うセラミド

 

セラミドはさまざまな化粧品の成分として使用されていますが、ここでポイントとなるのが浸透力です。

 

同じセラミドであっても分子が大きいものは、肌の角質層深部まで届かず、表面でとどまり効果を発揮しません。そうなると肌細胞自体の潤いにはつながらないため、目元のたるみ改善にはならないのです。

 

最近ではセラミドをナノ分子レベルで肌の奥深くまで届けられる成分などもあるので、そうした成分を選ぶのが良いでしょう。

 

また、目元のたるみには乾燥は大敵です。自宅にいる時などは、目元用のローションマスクなどで常に潤しておくなどの工夫をすることでもたるみケアにつながります。

 

セラミドの他には、コラーゲンも有効です。

 

ただし、コラーゲンは、もともと肌に浸透しにくい成分であるため、粒子の小さいものやコラーゲンの生成力を高めるサポート成分が配合している基礎化粧品を選びましょう。

 

本サイトでは、30代後半で年齢肌が気になっている方にオススメの基礎化粧品をご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

【関連記事】

 

30代後半にピッタリの基礎化粧品|オススメランキング