30代後半|敏感肌をお持ちの方へ

■大人敏感肌の原因

 

今までは大丈夫だったのに、突然いつもの化粧水がピリピリするようになった!という方は、肌が敏感になっているサインです。

 

原因は、肌のバリア機能の低下。肌表面は角質層で覆われていますが、さまざまな原因で角質層が弱くなってしまうと外部からの刺激物などをはねのける力を失い、化粧水の成分などが肌にとって刺激となり痛みを生じてしまいます。

 

このバリア機能は、ホルモンバランスやストレスなどによってもすぐに低下をするため、30代後半の女性などに起こりやすい肌の症状と言えます。

 

■バリア機能回復には保湿が重要

 

バリア機能を回復するためには、角質層のうるおいを取り戻すことが先決です。

 

角質層には、もともとセラミドという天然の保湿因子が存在していますが、年齢やホルモンなどの影響で作られにくくなってしまいます。

 

そうすると、外部の刺激から肌を守ることができなくなり、化粧水などでもピリピリしてしまうのです。

 

このため角質層にセラミドを与えてあげることが敏感肌改善の一番の近道になります。

 

■肌を労わるお手入れを心がける

 

セラミドと合わせて有益な成分はリコピンです。リコピンは肌内部の免疫力を高める作用があるので、敏感肌におすすめです。

 

トマトなどにも含まれる成分で、最近では肌の免疫向上に有益だと、化粧品の成分としても話題になっています。

 

また、敏感になっている肌は少しの刺激でもすぐに赤くなってしまいます。このため、使用する化粧品は、保湿効果の高いセラミド配合を使用しますが、お手入れ方法はシンプルが一番です。

 

マッサージやパックなどは肌を余計に傷めてしまうので、絶対に避けてください。

 

30代敏感肌の基礎化粧品|オススメはコチラ