頬のたるみを改善したい30代後半の方へ

■30代後半からはリフトアップのお手入れが大事

 

頬のたるみの改善したい!と考える30代後半の女性に徹底していただきたいことは、保湿と弾力ケアです。

 

乾燥している肌細胞は、いわば干しブドウの状態。細胞自体の水分がカラカラの状態となり、細胞の表面はシワシワ、これが弾力のないたるみ肌となって表れています。

 

同時に真皮のコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞の機能が低下をしているため、内側から肌を持ち上げることもできなくなっていることもたるみ肌につながっています。

 

■肌表面のたるみ対策にセラミド

 

保湿成分の主役とも言えるセラミドなどを使うと肌表面は干しブドウ状態からピチピチのマスカット状態に回復します。

 

セラミドは私たちの皮膚内部にある保湿成分で、ヒアルロン酸同様、肌のうるおいに欠かせないものになります。これは、年齢とともに徐々に作られなくなるので、化粧品などで補うことが必要になるのです。

 

■肌内部のたるみ対策にアスタキサンチン

 

コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞(繊維芽細胞)は、活性酸素により機能が低下、これらの弾力成分を作りにくくしています。

 

このため、肌内部でしっかりと活性酸素を除去する抗酸化成分などを肌に入れると繊維芽細胞が元気になり、弾力を取り戻せます。

 

最近では、カニなどの甲羅から抽出されたアスタキサンチンが肌内部の活性酸素除去にすぐれた作用をもたらすとして話題になっているので、こうしたものをお使いになると良いでしょう。

 

また、活性酸素は紫外線を浴びることでも増えるので、このようなお手入れと合わせて、UVケアなどもおこなうことがたるみなどのエイジングケアには大切です。

 

30代後半に人気の基礎化粧品|オススメランキング