インナードライ肌にお悩みの30代後半の方へ

■30代後半からのインナードライは老化のサイン

 

肌表面は脂っぽいのに、部分的に乾燥したり突っ張ったりするのはインナードライ肌のサインです。

 

特に30代後半になってこのような状態になるのは、肌の機能自体が衰え始めていることが考えられるので、インナードライの対策お手入れを早めにおこなう必要があります。

 

■インナードライ肌から生じるトラブル

 

インナードライを起こしている肌は、角質層に存在するセラミドが不足している状態です。

 

セラミドは天然の保湿液といわれるほど水分を保持する作用が高く、肌のバリア機能などを司る成分です。

 

ところが、年齢を重ねるごとにセラミドの合成がされなくなっていき、水分不足を起こした肌になってしまうのです。

 

そして、肌の水分が不足していると代わりに皮脂分泌が活発になります。このため水分は不足しているのに、べたついている肌になります。

 

これを放っておくと皮脂過剰による吹き出物や皮脂の酸化によるくすみやシミができるばかりでなく、シワなどにもつながるので、肌のセラミドは美肌を保つために重要な成分になります。

 

■インナードライ肌のお手入れには浸透力が高いセラミドが効く

 

インナードライを解決するには、徹底した保湿ケアがポイントです。特に、さきほど説明したセラミドを肌に与えることで肌の機能は回復し、肌内部のバランスが正常に保たれるので、皮脂過剰や乾燥などが治まります。

 

最近ではセラミドを配合した化粧品がたくさん出ていますが、より効果を出すのであれば、ナノ処方などを採用した浸透力に優れたものがおすすめです。

 

浸透力が高いセラミド配合|人気基礎化粧品はコチラ