肌荒れを改善したい30代後半の方へ

■30代後半になると肌荒れが目立ってしまう理由

 

年齢とともに肌荒れが目立つのは、角質層に存在するセラミドや真皮のコラーゲンなどが減少しているからです。

 

セラミドは生まれながらに持っている潤い成分で、このセラミドが充分に満たされていることが、美肌の条件になります。

 

ところが、年齢とともにセラミドの合成量が少なくなることで、バリア機能が低下、肌の乾燥やたるみを生じるようになってしまいます。同時に加齢とともに体内で増える活性酸素も肌荒れの原因となります。

 

活性酸素とは、細胞をサビさせる酸素でこれが肌の細胞を老化させてしまうのです。

 

肌の細胞が老化をすれば、コラーゲンやヒアルロン酸などは作られなくなり、これによってかさつきなどの肌荒れが生じてしまいます。

 

■30代からのお手入れ対策はセラミド補給と抗酸化力

 

このため、30代を過ぎたらスキンケアの成分にも気を使う必要があります。

 

特にセラミドは、自ら作りにくいため化粧品の成分で、積極的に与えることが必要です。

 

また、肌の細胞をサビさせる活性酸素を除去する成分を配合している化粧品などを使用すれば肌のサビは防げます。

 

活性酸素を除去する成分を抗酸化成分と言いますが、中でも、カニやエビなどに多く含まれるアスタキサンチンは、優れた抗酸化作用があると認められています。

 

30代後半からの肌荒れを解決するには、肌表面の潤い成分セラミドと肌の老化を遅らせる抗酸化成分アスタキサンチンを配合している化粧品を選び、しっかりとお手入れをすることが肌荒れを改善する早道になります。

 

30代後半の肌荒れを治す化粧水|オススメランキングはコチラ