30代後半で敏感肌の方へ

■30代後半は敏感肌になりやすい

 

30代後半になると、肌は乾燥しやすくなってしまいます。

 

肌の微妙な変化に気づいて適切なスキンケアができればよいのですが、間違ったスキンケアを続けてしまうと、肌は乾燥肌がどんどん進行して、わずかな刺激に対してもアレルギー反応を起こしやすい敏感肌へと移行してしまいます。

 

そうすると、それまでは大丈夫だったスキンケアで肌がかゆくなったり赤くなったり、季節の変わり目に肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

■敏感肌の予防法

 

敏感肌の予防法はただ一つ。肌の保湿です。スキンケアは徹底した保湿を心がけ、ヒアルロン酸やセラミドなど、保湿作用の高い成分がたっぷり配合されているものを選びたいものです。

 

すでに敏感肌になっている場合には、スキンケア商品によっては肌に合わないこともあるので、低刺激タイプや敏感肌用のものを選びましょう。

 

■集中ケアも効果的

 

敏感肌は肌が極度に乾燥している状態なので、基礎化粧品で普段のスキンケアだけではなかなか改善できないことが多いものです。

 

そこでおすすめなのが、集中ケアとして使われている市販のシートマスクなどを使った保湿ケアです。市販マスクを使うことによって肌の内側に確実に保湿成分を浸透できますから、表面だけでなく内側までシットリモチモチの美肌とメイクすることができます。

 

通常は週に1回ぐらいの使用がおすすめのシートマスクですが、敏感肌改善のためには週に2回〜3回の使用で大きな効果が期待できます。

 

30代後半向け敏感肌でも使える基礎化粧品はコチラ