季節の変わり目に肌の調子が悪くなる方へ

■季節の変わり目は肌トラブルが起こりやすい

 

季節の変わり目には、急激な気温の変化に伴って疲れがドッと出たり、体調が崩れやすい時期でもあります。

 

この時期には肌も疲れて乾燥したり、バリア機能が低下して花粉などのアレルギー成分に対して肌がかゆくなったり赤くなったりのトラブルを起こしやすくなります。

 

花粉症はくしゃみや涙など粘膜部分に花粉が付着することによって起こりますが、肌のバリア機能が低下していると、粘膜ではない肌表面にもアレルギー症状が起こることがあります。

 

■30代後半は特にスキンケアが大切

 

季節の変わり目には、若い人でも肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

30代後半など年齢的な原因で肌が乾燥しやすくなっている場合には、トラブルを起こす確率はさらにアップしてしまいます。30代後半でも季節の変わり目の急激な環境変化に負けない強い美肌を維持するためには、普段のスキンケアで徹底したバリア機能維持に努めることが必要です。

 

バリア機能を改善したりアップするためには、とにかく水分補給が効果的なので、化粧水を選ぶ際にはヒアルロン酸やセラミドなど保湿効果の高い成分を選び、重ねづけで内側までたっぷり有効成分を浸透させましょう。

 

■睡眠時間も大切

 

肌の乾燥やトラブルは、眠っている間に行われる新陳代謝によって改善できます。

 

30代後半で新陳代謝が低下する年代だからこそ、若い頃よりも意識して毎日しっかり睡眠時間を確保したいものです。

 

お肌のゴールデンタイムと呼ばれている夜10時から深夜2時までは熟睡できるようにし、夜更かしはやめて朝早起きする習慣に変えることも良いでしょう。

 

季節の変わり目の肌を整える|オススメ基礎化粧品はコチラ