浸透力が高い基礎化粧品をお探しの方へ

■化粧水の浸透力とは

 

私たちの肌は、皮膚細胞がいくつものレイヤーになっています。

 

肌表面には角質層を形成している肌細胞が並んでいますが、常に空気に触れているために乾燥しやすかったり、酸化しやすいという特徴があります。

 

特に30代後半になると年齢による新陳代謝の低下によって、肌は内側から乾燥しやすくなるため、普段のスキンケアを見直すことで肌表面の角質層もできるだけ乾燥しないように水分補給をすることが必要です。

 

その働きをするのがスキンケアの中でも化粧水なのです。

 

■スキンケアを見直す意義

 

30代後半の肌は、浸透力が高い化粧水を、より効率よく浸透させる方法で肌に補給することが必要です。

 

ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなど化粧水に含まれている成分が、より肌の内側に浸透しやすいように細かい粒子になっているものを選びましょう。

 

肌の内側までたっぷり保湿することによって、角質層の乾燥を予防できますし、肌のレイヤーがラメラ構造状になってバリア機能が改善できます。トラブルを起こしにくい強い肌質を作ることにもつながります。

 

■つけ方も大切

 

化粧水の浸透力を最大限に生かすためには、化粧水の重ねづけをしましょう。

 

一度にたっぷり使うのではなく、少量を何回かに分けて重ねづけするのがおすすめです。目安としては、特に乾燥が気にならない肌質なら3回程度、カサつきやすい人なら5回〜6回が良いでしょう。

 

手のひらの温度によって毛穴の中に保湿成分を浸透させるように心がけると、肌を内側からモチモチにできます!

 

30代後半に合う浸透力が高い基礎化粧品はコチラ