小じわが気になる30代後半の方へ

■小じわの原因

 

30代後半になると、肌質によっては目元や口元など皮膚が薄くて皮脂分泌が活発ではない場所を中心に、小じわが気になり始めます。

 

若い頃にニキビができにくく美肌を誇っていた人ほど、小じわができやすくなると言われていますが、小じわは早期発見で早期対策をすることによって、目立たなくすることができます。

 

放置してしまうと、形状記憶のようにしわが定着してしまいますし、どんどん深くなってしまう可能性が大なので気を付けましょう。

 

■小じわ対策はスキンケアがおススメ

 

小じわができる原因は、30代後半の場合には肌の乾燥や筋力低下が原因と考えられます。

 

顔の筋肉が全体的に低下すると皮膚が重力に従って下がり気味になり、肌の乾燥とコラボすることによって、皮膚が薄い目元や口元に小じわができやすくなってしまうのです。

 

その対策には、しわができにくい肌質を作ることが必要で、徹底した保湿ケアがおススメです。細胞を膨張させてサイズアップ作用を持つレチノールなどが配合されているアイクリームを小じわが気になる部分に使う方法も効果的です。

 

■アンチエイジングケア用スキンケア

 

30代後半で小じわが気になる人は、アンチエイジングケア用スキンケアを使ってみましょう。

 

肌質によってはアンチエイジング用のものは使用感が重たいと感じることもありますが、小じわができやすい肌質の人なら、肌に効率的に保湿ができて気になる症状にも効率的な改善効果が期待できるかもしれません。

 

小じわを改善したい方へ|30代後半に合う基礎化粧品はコチラ