口周りの乾燥に効く基礎化粧品について

■口周りの乾燥は20代から始まっている

 

30代後半になると、新陳代謝の低下に加えて皮脂分泌も低下してくるため、肌は全体的に乾燥しやすくなります。

 

もともと皮膚が薄くて皮脂分泌が活発ではない目元や口周りの乾燥が起こりやすくなり、肌質によっては小じわやほうれい線の原因となります。

 

30代後半になって自覚症状が出る口周りの乾燥ですが、実はまだ乾燥が気にならない20代後半から少しずつ乾燥しやすい状態になっていて、一朝一夕で突然ドライスキンになってしまうわけではありません。

 

■乾燥対策はスキンケアが効果的

 

口周りの乾燥を予防したり軽減するためには、とにかく普段使っているスキンケアで徹底した保湿を心がけることが必要です。

 

ヒアルロン酸やセラミドなど保湿効果が高い成分がたっぷり配合されている化粧水を選んだり、できるだけ肌の内側まで有効成分を浸透させるために少量を何回かに分けて重ねづけしましょう。

 

また、せっかく肌に与えた水分が蒸発してしまわないように、乳液やナイトクリームでしっかり蓋をしてあげることも忘れずに。

 

■集中ケアで短期改善

 

口周りの乾燥を短期間で集中的にケアするなら、市販されているシートマスクなどを使う方法が効果的です。洗顔後の清潔な肌に化粧水をたっぷり浸透させてから、シートマスクを肌に乗せてしばらく置きます。

 

肌の内側に有効成分が浸透するので、一度の使用でも大きな保湿効果が期待できます。

 

日々のスキンケアで使う基礎化粧品については、以下のページを参考にしてみてください。

 

乾燥肌の肌質を変えるハリ肌基礎化粧品はこちら