30代後半でたるみ毛穴にお悩みの方へ

■30代後半の肌の特徴

 

30代後半になると、鏡に映る自分の姿にはっきりと異変を感じることになります。

 

新陳代謝が低下することによって肌は乾燥しやすくなりますし、筋力低下によって顔全体がたるんで老けた感をぬぐえなくなってきます。

 

また、肌質によっては毛穴が開いたままたるんでしまったり、開いた毛穴同士がくっついて肌の凹凸の原因となることもあります。

 

これらはすべて肌の老化現象と言われていて、若い頃には肌細胞に充実していたコラーゲンや水分などの成分が不足するために起こるのです。

 

■たるみ毛穴の改善法

 

毛穴は常に、体温調節をするために開いたり閉じたりを繰り返しています。

 

30代後半になると筋力低下や弾力低下によって毛穴周辺の細胞の弾力性がなくなり、開いた毛穴が元通りに引き締まりにくくなるのです。イメージ的には、使い古した輪ゴムの弾力が低下して伸びきってしまう状態と同じです。

 

こうした状態は放置していても自然に改善されることは少ないため、毎日のスキンケアで弾力成分を補給することで、開いた毛穴が閉じやすい肌環境を作ってあげることが大切です。

 

■スキンケアを見直そう

 

肌のたるみを改善するためには、普段使っているスキンケアで、弾力性をアップするために必要な成分がたっぷり配合されているものを選びましょう。

 

まずは肌の乾燥を予防するヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分も大切ですし、肌の弾力アップ効果が期待できるコラーゲンやエラスチンなどの成分もおすすめです。

 

アンチエイジング用スキンケア商品なら、これらの成分がバランスよく配合されているので、多方向から肌質を改善してたるみにくい毛穴を作ることができます。

 

たるみ毛穴に効く基礎化粧品はコチラ